田舎的生活

うちの写真を激写してみました。

f0211634_0182447.jpg

私は南九州に住んでおりますが、こちら南国はどこもかしこも梅が満開でございますー。これはうちの池のほとりです。


大きな金木犀の木に夫君お手製のブランコがかけてあります。これまでのところ、私の体重にも耐えてくれます。
f0211634_021981.jpg

子どもたちは、2人、3人と団子になってキャーキャー言いながら、危険な立ちこぎ遊びをするので、そのうち壊れて誰か泣く羽目になるでしょう・・・
バックに見えるのはお茶畑。うちは三方をお茶畑に囲まれております。


庭には神様がおります。(撮っていいんかいな?ドキドキ)
f0211634_025055.jpg



鶏さんとウズラさん達。
f0211634_0264479.jpg

f0211634_027103.jpg

うちは自然任せで、温度管理しません。南国と言えども、冬はそれなりに冷えるので、卵の供給は長らくサボり中です。現在、ただ飯喰らいとなっております。そろそろ産んでくれー。
子どもたちは卵の回収を手伝います。時々、ポシャッと地面に食べさせてます。そして私に「こらーーーっ」と言われます。


ここは義父の所有する猟犬達の運動場の中。広くて快適です。
「酢の物つくるから、酢みかんとってきてー。」(カボスだのへベスだの、名前のようわからんものまで、九州にはいろんな種類の酢みかんがあるようです)
f0211634_034053.jpg

「久しぶりに雨がふったね。しいたけとってきてー。」
f0211634_0344295.jpg

(収穫してしまったので、ほとんどついてませんね・・・)
てな感じの食生活が送れます。豊かですね。

f0211634_036249.jpg

これは猟犬の1頭。この時期は毎日、猪狩りに忙しいですが、こいつは年寄りなので置いて行かれちゃいました。後ろにみえるのは「晩白柚(ばんぺいゆ)」。ザボンの1種らしいです。犬もけっこう大型なのですが、ばんぺいゆの実が子どもの頭くらい大きいので、小柄にみえちゃいますね。



私は結婚して初めて、こういうキング・オブ・田舎みたいなところで生活し始めたので、みるもの全てが珍しく、あらゆることが豊かだなぁ、と感動してしまいます。
交通の便は良いとは言えず、娯楽もありません。
例えば、マックに行こうと思ったら、1時間以上車をとばさないといけない。

でも、子どもが育つ環境を考えると、都市部と田園地帯では「環境格差」があるなあ・・・と感じてしまいます。
どちらが好きかは本当に人それぞれですけどね。
[PR]
by hasamisa | 2010-02-09 00:01
<< とかいのニンゲンといなかのニンゲン チルドレン大学 >>