楽しいしいたけ栽培

バレンタインデーの日曜日、一家総出でしいたけの植菌をしました。
先週は一人、また一人といわゆる嘔吐下痢症という病に倒れ(私は3番目でした)、皆病みあがりのへろへろの体でしたが。

しいたけの栽培には、「原木栽培」と「菌床栽培」とがあるようですが、うちはもちろん原木栽培です。木もスペースもたくさんあるのに、使わないなんてもったいない。

朝食もそこそこに、まずは山から伐採したクヌギの木を運んできて。

男衆がドリルでチュイーンと穴を開けていき。
f0211634_9593220.jpg


今回はこんな種コマ菌が用意してありました。ホームセンターでも売ってるようです。
f0211634_1002866.jpg


これを穴にはめこんで、
f0211634_101838.jpg

見えるかなー。穴が2つあって、左の穴に差し込んだところです。

あとはトンカチでトントン叩く。
f0211634_104793.jpg

コマの頭が見えなくなるまで・・・
f0211634_1053534.jpg

トンカントンカン。ひたすら叩く。
f0211634_106515.jpg


コマの扱いは子どもたちの楽しいお仕事となりました。

このホダ木を運んで伏せるのが一苦労。大人は筋肉痛になりました。
トンカチ仕事は幼児に任せ、小学生は運搬作業の手伝いを買って出てくれるので、とっても助かります。

子どもの数が多くなると、それだけ摩擦も増えてあっちこっちでワーワーギャーギャー、小さないさかいは絶えませんが、年長になるに連れて、大人が過剰に口出ししなくてもいろんなことを自ずから学んで身につけてくれるように思います。
自分がどんなことで役に立てるのか。どうすれば事がスムーズに運ぶのか。どこで主張してどこで引くのか。
教えようと思うとちょっと難しいことです。
子どもは本当に自然な存在ですね。
男の子たちは、自分は用済みと思うとさっそくゲームにしけこんでましたが・・・まあ、オンとオフでいいか。

大人8人、子ども9人(うち労働力は7人)で1日がかりでうったコマは計2000個以上!
ホダ木は、一体何本になったんだ??

現在、こんな感じです。
f0211634_10384380.jpg

山積みのホダ木の上に、切り落とした木々の枝がさらに山盛り。
ビニールシートをかぶせてるようなものでしょう。これでじっくり菌をまわらせます。

さてこのしいたけ、一体いつ生えてくるのか?
生え始めは早ければ今年の秋、もしくはさらに1年後、だって。
菌のまわり方でずいぶん違うのね。気長に待たないといけませんね。

しいたけの原木栽培、ちょっとした日陰スペースがあれば、どこでも簡単にできると思います。
かんたん栽培セット、ネット上でも多数みつけることができるけど、やっぱり高いね~!
コマ打ち済みで、1週間ほどで収穫できるものもお手軽だけど、やっぱりトンカチでトンカンは自分でやってみたいよね・・・

しいたけのいい絵本ないかなー?と探し中です。
[PR]
by hasamisa | 2010-02-17 10:16
<< 間違いさがし 失うと・・・ >>